それぞれの事情(その2)

よくあるはなしです。