ビュールレ・コレクション

本日、『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』

国立新美術館の最終日に行って参りました。モネの睡蓮だけが撮影許可されておりました。

イレーヌ嬢(ルノワール作)は、美の神髄と思しきものでした。販売コーナーの複製画“触れる絵画”(RICOH) のクオリティの高さには、驚きました。