絵画・美術作品・展示会-blog

多摩美術大学、武蔵野美術大学の日本画専攻の有志による展覧会。 お見逃しなく!

始りました『5美大展』。今年も力作が揃っています。お見逃しなく!

FACE展2022が始まりました。 公募展の力作に加え、東郷青児やゴッホの『ひまわり』を観ることが出来、お得感満載です。 2022年2月19日(土)~3月13日(日)、於;SOMPO美術館(新宿)

本日は、100号サイズの大型絵画をはじめ、グループ展の日本画をお運びいたしました。 緊急事態宣言下での、無観客(オンライン)展示となりましたが、力作が揃っております。

★昨年は、新型コロナウィルスの影響で、色々ありましたが、今年はいかに? 【会期】2021年2月20日(土)~2月27日(土)※2月24日(水)は休館 【会場】国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2) 【開館時間】10:00~18:00(入場は、17:30まで) 「将来の日本、いや世界をまでも 轟かせる芸術家の祭典!」 「新型コロナ・ウィルスなんか、吹き飛ばせぃ~!」...
本日は、卒業・修了制作展の展示作品を、ご自宅から大学まで搬送致しました。 年度末は、卒業・入学・入社・転勤など、一年間で、最も『人・物の動き』がある季節です。 スケジュール確保の為、お早目の手配をお勧め申し上げます。
本日は、『大学の卒業制作展 』出展後の作品(大型絵画)をご実家へ搬送いたしました。 大荒れの天候でしたが、無事お届けすることが出来ました。 この季節は、学校関連の美術作品の運搬ご依頼が集中するシーズンです。 お早目のお問合せを、お待ち申し上げております。
日常の中にある芸術。(東京都渋谷区、2020年7月撮影) 非日常と化した現実。(福島県双葉町~大熊町、2020年5月撮影)

本日は、『大型陶器』の運搬を行いました。 “重量物” であることに加え、“こわれもの” であるため、細心の注意を必要といたしました。 当店は全車輛、路面の凹凸による振動に強い『4輪独立サスペンション』を採用しております。

さらに表示する