2019/06/15
銀座のギャラリー様から、個展絵画の搬出を行いました。 作者様と作品が、様々な視線の中で過ごした1週間が、終わりました。 作家様の視点はすでに、来年という未来に向けられ、始動した模様です。
本日は、銀座のギャラリーまで、絵画をお運びいたしました。 初めての個展とのことですが、私の心も期待で満ち溢れております。
初夏の新緑の狭間に覗く 雪化粧。 自然の偉大さに 畏敬の念を抱きます。

時の流れの中に 湧き溢れ出る自然の魂 神々しさに 心が洗われます。

たまたま訪れた福岡県田川市。 縁もゆかりもない見知らぬ土地。 と思いながら、ふと立ち寄った博物館。 40年ほど前、私が18歳の頃に愛読した五木寛之作『青春の門』 の舞台であることに気が付いた。 更にここは、ユネスコ世界記憶遺産にも登録された、 炭鉱の記録絵図の作者“山本作兵衛”が、暮らした土地でもあった。...

有田焼の原料の採掘場跡である「泉山磁石場」を訪れて初めて知ったこと。 日本で最初に焼かれた磁器が、朝鮮から連れて来られた職人の手による物であること。 磁石場の静寂の中に身を置くと、今までに感じたことのない、不思議な空気を感じます。

こんなところに マーライオン? よく見たら 狛犬でした。 あ~ びっくらこいたぁ~(福岡県田川市にて)

思い、そして願い。 語られることによって、次の世代に引き継がれてゆく。 過去の事実を次世代に伝えることの重要さを、 改めて、思い知らされます。

幸せとは、日々の暮らしの中にある。 当たり前の暮らしが、もっとも贅沢なものであるのことに、 疑いの余地は、ありません。

後日知ったことではありますが、 ここは、紛れもなく ‘’USA‘’ でした。 大分県 “宇佐市” です(-_-;)・・・・・ヾ(≧▽≦)ノ

さらに表示する